「廻るいえ」 住宅完成見学会を予定しています。

海の見える家って、とても素敵ですね。
納得できる、海の見える土地を探している方も多いことと思います。

「廻るいえ」は、海を独り占めしているような「借景」を最大限楽しむことができる場所に立地しています。
更に海からの朝焼け、山からの夕焼けを家の窓で楽しめます・・・この上ない贅沢かもしれません。
2017.03住宅完成見学会を予定しています。
FullSizeRender
「海の見える家」は、立地上から魅力的である一方で、気を付けなければならないこともあります。
メリットについて考えてみます。
①塩害に配慮
文字通り、塩分による腐食を指します。家だけでなく、自動車や自転車などの傷みも早くに表れます。
②洗濯物への配慮
洗濯物を干しても、からっと乾かないのが海のそばの特徴です。
室内干しができるようなスペースまたは、太陽光を取り入れながらも、海風との接点をできるだけ減らす・・・。
③湿気に配慮
高温多湿な日本の夏、海沿いともなると、その湿気は市街地と比べ増大します。
近年の家は高断熱・高気密であることから、24時間換気は普通のことです。
窓を開けたくない日が市街地に比べ多くなります。
④標高に配慮
防災マップなどの形で想定される津波の高さが公表されています。
高台、特に硬い地盤のある土地でしたら問題も比較的少ないと思われます。
・・・・・

海の見える家を検討しているのであれば、メリット・デメリットをきちんと理解し、安心・安全の暮らしを手に入れてみてください。

♯建築 家 住宅
♯茨城 注文 住宅

Follow me!